main visual

ホームページ制作でよく使われる用語集

ホームページ制作を始めるにあたって、まず知っておくべき基本的な用語がいくつかあります。これらの用語を理解しておくことで、制作の依頼やプロセスをスムーズに進めることができます。

ドメインとは

ドメインとは、Webサイトの名称や住所のようなものです。例えば「example.com」のように、独自のドメイン名が設定されています。ドメインを取得することで、自分のサイトを構築するための土台ができあがります。ドメインは1年間の契約が一般的で、更新料金がかかります。

ホスティングとは

ホスティングとは、作成したWebサイトのデータを保存しておくサーバーのことです。サーバーは常に電源が入っており、閲覧者がWebサイトにアクセスした際に表示されるデータを提供します。ホスティングも利用料が発生するサービスです。

CMSとは

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、Webサイトの更新や管理を簡単に行えるシステムのことです。WordPressなどが有名で、CMSを利用することで、簡単な操作でWebサイトの内容を変更できるようになります。

デザインに関するWeb制作の用語

Webサイトの見た目やレイアウトに関する用語も理解しておく必要があります。デザイン面の用語を知っておけば、制作者とスムーズにコミュニケーションが取れます。

レイアウトとは

レイアウトとは、Webページ内の文字や画像、動画などの要素がどのように配置されているかを指します。PCやスマートフォンなど閲覧デバイスに合わせたレイアウトを用意するのが一般的です。

ウェブフォントとは

ウェブフォントとは、Webサイト専用に作られたデジタルフォントのことです。Google Fontsなどのサービスを利用することで、読みやすく美しい文字をWebサイトでも利用できます。

レスポンシブデザインとは

レスポンシブデザインとは、閲覧画面のサイズに合わせてレイアウトが自動的に変更される仕組みのことです。スマートフォンでもPCと同じコンテンツを正しく表示できるのが特徴です。

ホームページのコンテンツに関する用語

Webサイトに掲載するコンテンツにも関連する用語があります。制作だけでなく、掲載後の運用においても重要なキーワードが含まれています。

コンテンツマネジメント

コンテンツマネジメントとは、Webサイトに掲載する画像、文章などのコンテンツを作成、編集、削除する一連の管理作業のことです。新しい情報を掲載したり、旧内容を更新することが求められます。

UIとUX

UI(ユーザーインターフェース)は操作性のことで、UX(ユーザーエクスペリエンス)は利用者の体験のことを指します。見やすく分かりやすいUIとストレスのないUXを心がける必要があります。

コンバージョン率

コンバージョン率とは、目的の成果(サインアップ、商品購入など)を達成したユーザーの割合を示す指標です。コンテンツを改善しコンバージョン率を高めることがセオ対策にもなります。

SEOで使用するWeb制作の用語

SEO(検索エンジン最適化)は、Webサイトを検索エンジンに適した形にする取り組みです。SEOを意識してWebサイトを制作するには以下の用語を知っておきましょう。

キーワードとは

キーワードとは、Webサイトのコンテンツを表す言葉のことです。ターゲットとする読者が検索に使用するフレーズをキーワードとして設定します。キーワードを組み込むことで検索順位を上げることができます。

目次(サイトマップ)

サイトマップは、Webサイトのページ構成と各ページの内容を示したものです。検索エンジンがサイトの構造を認識しやすくなるのでSEO効果があります。

クローラー

クローラーとは、自動的にWebページを収集する検索エンジンのプログラムのこと。このクローラーに内容を認識しやすくすることがSEOです。

ホームページを制作するための言語

Webページを実際に作成するには、HTML、CSS、JavaScriptといった開発言語が使われます。

HTML

HTMLは、Webページの内容や構造を記述するためのマークアップ言語です。テキストの塊をメリハリのある文書にするための基本となります。

CSS

CSSはWebページのデザインやレイアウトを指定するスタイルシート言語です。文字の色や大きさ、画像の表示位置などをCSSで定義します。

JavaScript

JavaScriptはWebページに動的な機能を付加するプログラミング言語です。フォームのバリデーションやアニメーションの実装などに利用されています。

これら3つの言語を組み合わせることで、静的なページから動的なWebアプリケーションを開発することができます。

ホームページ制作のプロセス

Webサイトを制作する標準的な流れは、以下のような工程で進められます。

企画/要件定義

まず、サイトの目的や対象ユーザー、掲載コンテンツを決定します。これに基づき、必要な機能を要件定義します。

デザイン

次に、要件に基づいてサイトの見た目をデザインします。レイアウトや使用する画像を決定します。

コーディング

デザインに沿って、HTML、CSS、JavaScriptを記述してサイトの原型を作成します。

テスト

作成したサイトが正常に動作するか、브ラウザやデバイスごとにテストを実施します。

こうした一連の工程を経て、公開可能な状態のWebサイトが完成します。

ホームページ制作の費用と時間

Webサイトを制作する際の代表的なコストには以下のようなものがあります。

制作費用の相場

制作から公開までの費用は、規模や機能にもよりますが、概ね30万円~150万円程度。セオ対策費用が別途かかることも。

制作にかかる期間

スモールサイトで1~2ヶ月程度、コーポレートサイトは3~6ヶ月程度の期間が必要です。

保守・運用コスト

ドメインやホスティング、管理コストが継続的に発生します。月5,000円~10,000円程度が目安です。

制作の規模や機能によってコストは異なりますが、一定の時間と予算が必要となります。

まとめ

ホームページ制作の用語を整理しSEOを意識した構成に

この記事では、ホームページ制作に関連する主要な用語を網羅的に解説しました。

基本的なWebサイトの構成要素から、デザイン、コンテンツ運用、SEO対策に関するキーワードまで、Web制作に関わる方が知っておくべき用語を整理しました。

各用語の意味を正しく理解し、SEOを意識したWebサイト構築を推進することが重要です。

記事を通じて、ホームページ制作の用語に対する理解が深まったのではないでしょうか。今後のWebサイト運営の参考にしていただければ幸いです。

TOP